ABOUT

『aquet shop』のaquetって?

aquet shopが誕生したのは、今から20年以上前。
シャッター付きのガレージで週末だけOPENしていた古着屋『AQUET SHOP』が始まりです。
結論から言うと、aquet(アケット)は自身の名前をもじった造語です。
自分が好きな物や欲しいと思うものをコンセプトに、自分のクローゼットを作り上げるようなイメージで店づくりをしていたので、色々考えた上で自身の名前アキエをもじって使うことにしました。
ガレージの古着屋『AQUET SHOP』から始まり、北本町で店舗 古着屋『AQUET SHOP』を構え10数年、閉店後から約10年を経て、ファッション雑貨のセレクトショップ『aquet shop』として2018年10月に、東本町で再スタートしました。
店名を変えることも考えましたが、ほとんどが地元八尾のお客さまで、またそのお客様に思い出して
いただき、居心地のいい、いつ来てもワクワクするような店づくりをしたかったので、店舗名は継続しロゴを少し大人っぽく変更しました。
オープン後、以前のショップにご来店いただいてたお客様や、ご存知だったお客様が偶然いらっしゃって、店名をそのままにしてよかったと思うことがありました。
aquet…覚えていただけるとうれしいです。

『aquet shop』のコンセプト

aquet shopは、バッグ、シューズ、アクセサリー、小物など、ファッション雑貨(アパレル雑貨)をセレクトしています。
古着屋時代のコンセプトである、「自分の好きな物、欲しいもの」に、「MADE IN JAPANやHAND MADEのシンプルでこだわり(個性)のあるもの」というのもプラスしています。
質が良く丁寧に作られたものであれば、手入れしていけば長く使えますし、修理などにも対応してもらえます。
大量に作られていないためオリジナリティを出せるという点でも、自分だけのファッションを楽しむことができます。
安価なものをたくさん購入する楽しみ方もありますが、モノがあふれる時代です!多少高価でも本当に気に入ったものを大切に使うことも大事なのではないでしょうか?

そんなモノを作る側の作家さんや職人さんを微力ながら応援したいという気持ちもあります。
自分でモノを作り出す姿はかっこよく、尊敬に値するものです。
ポップアップショップやワークショップなど、一緒に盛り上げていければと思っております。
また、aquet shopで扱うアイテムは、革、綿(帆布)、麻
など天然素材が多いのも特徴です。
物は本来ならすべて「劣化」していくものですが、天然素材は「劣化」が「味」という価値のあるものに変わります。
使えば使うほど味が出てきて、もとは同じものでも使う人によって変化する― いわゆる1点物になります!
そうなってくると愛着が沸き、オリジナルなアイテムになっていきます。
経年変化を楽しみながら、その「モノ」を育てる感覚が味わえるのが天然素材です。
素材+作り手の思いやこだわりが感じられるようなもの+デザインに重きを置いてセレクトするよう心がけています。

「MADE IN JAPANやHAND MADEのシンプルでこだわり(個性)のあるもの」をたくさん揃えてお待ちしております。