going my way

私がミニマリストになった訳

震災や災害など(今回のコロナもですね)有事の際に色々と考える事があります。

そうならないと、考えられないのも情けないですが…

何もかも失うかも知れないと考えたら、物をたくさん持つ事はリスクなんじゃないか?と思っていた時に、ふと目についたネットの記事で「ミニマリスト」の存在を知りました。

それから色々調べていると、スッキリと暮らす事でいろんなメリットがある事がわかり、ミニマリストっていいなぁと思うようになったんです。

■なくても困らないモノが結構ある

家の中にある全てのモノをよくご覧ください。

何年も使ってないモノありませんか?

また、代用できるモノやなくてもイケるやん!っていうモノも結構あります。

【例】(私の場合)

・トイレマット、カバー類、トイレスリッパ

・風呂のイス

・玄関マット

・キッチンの三角コーナー、ゴミ箱、キッチンマット

これらは、無くてもいいし洗濯や掃除をしなくていいのも嬉しい!

・思い出の品、写真などデジタルも含めて(クラウドに保存)

・CDや本など(サブスクやYouTubeで充分)

・普段使い以外の食器

・服や靴バッグなど(見直すと着てないモノや使ってないモノ結構あります)

まだまだあると思いますがこんな感じです。

■モノが少ないと家事がラク

モノが少ないと、とにかく掃除がラクになります。モノをのけたりしなくていいし、マット類の洗濯もしなくていいし、キッチンもスッキリしてると料理がはかどるし、かなり負担が減ります。

■服が少なくても着まわしでなんとかなる

私は服好きなので、極限まで減らしてる訳ではないですが、少なくても結構着まわしが効く事がわかりましたし、コーデを考えるのが面倒な方は、制服化したり、同じ服を何枚か持ってローテしてる方もいます。

■時間のムダがなくなる

家事がしやすくなったり、コーデで悩む時間やモノを探す時間がなくなります。

■節約になる

本当にこれが必要か?と考えて買い物をするようになるので、不要なモノを買わなくなります。

また、モノだけじゃなく、生活固定費を見直す事で(通信費や保険など)かなりの節約になります。

■小遣い稼ぎができる

不要なモノを処分する際、リサイクルショップの買取りやメルカリなどで売る事でちょっとした小遣い稼ぎになります。

■気持ちにゆとりができる

家の中がスッキリして、時間に余裕ができる事で、気持ちにゆとりがが生まれます。

いかがでしょうか?

まだ他にもあるかも知れませんが、これらのたくさんのメリットが考えられたので、2017年、店を始める前に、ミニマリストを目指しミニマムライフをスタートしました。

モノを減らすさじ加減は人それぞれ。

やり過ぎると後で困る事があるかもしれません。

モノを減らす事が重要ではなく、その先の暮らしや気持ちにゆとりが出来る事が重要です。

まだまだゴールは遠いですが、必要最低限の好きな物に囲まれて暮らす事が私の理想であり目標です。

もちろんミニマムライフをテーマに、大好きなファッションを楽しむ事も私の中では重要な事なので、ファッション関連の経験を活かし、ミニマムライフも交えながら、このブログを配信していきたいと思います。

そしてもう一つのテーマについては、また次回。


店主ブログgoing my wayスタート!

店主のファッションブログ始めます!

こんにちは!aquet shop(アケットショップ)店主のakieです。

本日より、ファッションのことを中心にしたブログ「going my way」を始めます。

同じタイトルでYouTubeチェンネルもやっており、そちらと両立で頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

では、まずは私の経歴を簡単に紹介します。

約20年前にシャッター付きのガレージで、70年代のレディース古着屋「AQUET SHOP」を母と一緒にやっておりました。

2年ほど経ってから同市で店舗を借り、リニューアルオープンし、そこで約10年頑張っておりましたが、色々な理由もあり閉店。

その後、いろんな職を転々としましたが、自分自身の環境や心境の変化もあり、「もう一度自分の好きなことをしたい!!」と、思い立ち、約10年後の2017.10.28にファッション雑貨のセレクトショップ「aquet shop」として、場所を変えNEW OPENとなり今に至ります。

aquet shopは、1点物のオリジナルブランドZOZOTTEや、作家もの、メイドインジャパンブランドなど、こだわりアイテムを「japanese mode」をコンセプトにセレクトしています。

オリジナルのZOZOTTEは、私が企画担当、母が製作担当でひとつずつ制作しています。

今までにパーソナルスタイリストをやっていたこともあり、長いファッション関連の仕事の経験を活かし、ブログやYouTubeで発信して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。